ホーム > 新着情報 >  2016年 > 沼袋南地区道路改良工事作業所で小学生対象の現場見学会開催

新着情報

2016/07/12

沼袋南地区道路改良工事作業所で小学生対象の現場見学会開催

平成28年7月12日(火)、沼袋南地区道路改良工事作業所(岩手県下閉伊郡田野畑村)に於いて、『田野畑の復興はどこまで?』をテーマに、田野畑村立田野畑小学校 4年生児童24名を対象に現場見学会を開催しました。

工事について説明した後に、実際に切土部での掘削・積み込み機械作業を見てもらい、深い沢の函渠周りの盛土部では、キャリアダンプで運搬した土をパワーショベルにて敷均し、コンバインドローラーにて転圧する一連の工事の流れを見学してもらいました。

見学後の質問タイムでは、児童たちから沢山の質問が飛び出し、「工事をしていて大変なところは?」の質問に対し、「暑い夏も、寒い冬も屋外での作業になるので、大変かなと思います。しかし、何もないとこから道路などをつくった時は大変なこと以上の喜びを感じることが出来ます。この仕事をしている一番の理由です。」と、ものづくりへの情熱を伝えました。

『田野畑の復興はどこまで?』と大きなテーマで現場へ学びにきましたが、東日本大震災から5年が経過し、児童たちが自分たちの足を使い、目で見て感じることが未来に生き、繋がる大きな体験となっていくのではないでしょうか。