ホーム > 新着情報 >  2016年 > 主要地方道岩泉平井賀普代線(仮称)島越トンネル築造工事作業所でトンネル名称発表セレモニー及び現場見学会を開催

新着情報

2016/02/14

主要地方道岩泉平井賀普代線(仮称)島越トンネル築造工事作業所でトンネル名称発表セレモニー及び現場見学会を開催

平成28年2月14日(日)、主要地方道岩泉平井賀普代線(仮称)島越トンネル築造工事作業所(岩手県下閉伊郡田野畑村)に於いて、田野畑村小中学生と地域の方々の約60名を対象にトンネル名称発表セレモニー及び現場見学会を開催しました。

当工事は、県道岩泉平井賀普代線の島越工区のトンネル工事で、東日本大震災により島越集落は、余儀なく高台に移転された住民の切牛地区と被災を免れた海沿いの島越地区の住民とに分断され、再び2つの地区の住民を結び付けるという復興事業です。

公募で決定したトンネル名称の発表セレモニーにて除幕式が行われ、子供会を代表して6名の子供たちが除幕の大役を果たし、トンネル名称『島の沢トンネル』と発表されました。

その後、実際に貫通した時の映像や写真等を使い工事説明を行い、また工事中の現場も見学して頂き、地域を繋ぐトンネル工事に触れて頂きました。