技術情報TECHNOLOGY INFORMATION

ホーム > 技術情報 > 技術紹介 > UAVを用いた空中写真測量技術

UAVを用いた空中写真測量技術技術紹介
TECHNOLOGY INTRODUCTION

我が社では、建設現場においてICTを活用することによって生産性向上を図るプロジェクト活動を積極的に推進しています。ICTやIoT、現場の3次元化などの革新的な技術を導入することで、生産性が高く魅力的な新しい建設現場を創出していきます。
 

UAV(無人航空機・ドローン)により連続撮影した空中写真を解析し、地形を3次元測定します。従来の人力による測量作業と比べ、短時間で作業が完了します。得られた3次元データやオルソ写真を利活用することで、効率的な作業を実現します。

特長

  1. 測量時間の短縮
    これまでの人力による、縦断測量、横断測量、変化点測量、メッシュ測量などに対し、UAVを利用した空中写真測量は、自動航行による1回のフライトで、より詳細に地形を測量できます。 従来の測量に比べて大幅な時間短縮とコスト縮減を図ります。
  2. 新たな視点からの測量
    人が立ち入れない箇所もUAVを用いて写真や動画を撮影することができます。 また、建設現場全体を、歪みや傾きのないオルソ画像として作成して、計画図面との比較により詳細な検討を可能にします。
  3. 作成された3次元データを幅広く利活用
    ・設計データと比較した切盛土量の算出が可能です。設計や進捗管理を省力化します。
    ・建設工事の施工シミュレーションや景観検討など、各種シミュレーションが可能となります。
    ・施工完了における形状検査(出来形検査)を省力化します。
    その他さまざまな場面にも利活用でき、効率的な施工管理を実現します。

3次元データ

  • 切盛土量算出
  •