技術情報TECHNOLOGY INFORMATION

ホーム > 技術情報 > 技術紹介 > ミュートハイブリッド パネル

ミュートハイブリッド パネル技術紹介
TECHNOLOGY INTRODUCTION

 

工事中に問題となる騒音対策のアイテムとして、仮囲いに設置するパネル形状の軽量減音材です。ミュートハイブリッドパネルにより仮囲いを透過する透過音を大幅に減音できます。

また、軽量であり、人力での設置・撤去が容易であるため、安全面や社会環境面に対しても優位性を発揮できます。(NETIS:KK-160049-A)

パネルの特長

  1. 吸音と遮音の組合せによるハイブリッド構造
    吸音性能と遮音性能の両方を備え持つ複合(ハイブリッド)構造の減音材です。
  2. 軽量でも、従来防音壁よりも性能は向上
    一般的な減音材(遮音材)は重量のあるものが主流でしたが、軽量でありながら鋼製仮囲いに取り付けることで仮設防音壁と同等以上の効果を発揮します。
  3. 人力での容易な設置・撤去
    鋼製仮囲いへの取り付けには磁石を利用し、パネル自体も軽量であるため、人力のみで簡単に設置・撤去を実施することができます。
  4. 使用は屋外・屋内問いません
    耐候性のある防炎シート素材を利用しているため、屋外、屋内の使用条件は問いません。

仕様(ミュートハイブリッドパネル本体)

寸法 幅 440mm×高さ 1,200mm×厚さ 65mm
構成 遮音材と吸音材の複合構造
重量 3.5kg

設置状況

鋼製仮囲いの現場側にミュートハイブリッドパネルの設置をおこないます。

性能

音響透過損失測定による性能確認

(福井県工業技術センターで実施)