技術情報TECHNOLOGY INFORMATION

ホーム > 技術情報 > 技術紹介 > ダンビー工法

ダンビー工法技術紹介
TECHNOLOGY INTRODUCTION

ダンビー工法(管更生)は、しなやかなストリップを使用して既設管渠を新たな管渠に更生します。円形断面だけでなく、矩形や馬蹄形など、さまざまな形状に更生することができます。また、エアー駆動式の製管機の採用により供用中の管渠でも水替え等を行わずに施工できるほか、既設の継手部の補修など、部分的にも対応できます。

工法の適用範囲

管種 鉄筋コンクリート管、鋼管、鉄管、ミニシールドセグメントなど
形状 円形、非円形(矩形、馬蹄形)
管径等 円形 呼び径800~3000
非円形 短辺 800mm以上長辺 3000mm以下
施工延長 制限なし
既設管の状況 形状 円形 非円形(矩形、馬蹄形など)
段差 100mmまで 100mmまで
屈曲角 6°まで 3°まで
曲がり部 曲率半径20mまで 曲率半径50mまで
下水供用下 安全性が確保できる水深、流速においては水替え不要

工法の特徴

1.流量UP

ダンビー工法で更生した更生管の粗度係数は硬質塩化ビニル管と同レベル。さらに断面縮小を最小限に抑え、更生後の流量がアップします。

2.強度UP

3.耐震性UP

SFジョイナーを用いて更生された更生管は、レベル1地震動時の変位を吸収することが可能で、レベル2地震動時にはSFジョイナーの中央溝部分が分割することで更生管に発生した変位や屈曲を吸収し、水密性を確保します。試験では、更生管に地盤の永久ひずみ相当量(37mm)の管軸方向変位と、レベル2地震動相当の屈曲角(0.4度)が同時に作用した状態で、0.2MPaの内水圧を与えても漏水がないことを確認しました。

施工順序

①洗浄工
高圧洗浄機により、施工区間の管渠内の洗浄を行います。管渠内に突起物や欠損、浸入水がある場合は、必要に応じて修復します。

②スペーサー取付工
充填材注入用のスペーサーを、アンカーボルトを使って施工区間の管渠の上部に取り付けます。注入ホース牽引ワイヤも、この時に通しておきます。

③製管工
ストリップをマンホールから既設管内に引き込んで、管渠内にスパイラル状に巻き立て、これを製管機を使ってジョイナーで嵌合し、連続したストリップ管を形成します。

④充填材注入工
スペーサー内に充填材注入ホースを通しながら、既設管とストリップ管の隙間に管底部より段階的に充填材を注入します。