社会貢献活動SOCIAL ACTION PROGRAM

ホーム > 社会貢献活動 > 地域共生 >職場体験学習

職場体験学習社会貢献活動
SOCIAL ACTION PROGRAM

2010/02/04

下関北バイパス綾羅木高架橋第2下部工事作業所で中学生が職場体験学習

平成22年2月3・4日の2日間、当社の下関北バイパス綾羅木高架橋第2下部工事作業所(山口県下関市)が、下関市立川中中学校の職場体験学習の事業所の一つとして選ばれ、2年生男子生徒4名を受け入れました。 
当工事は近年、一般国道191号の交通量の増加により、下関北西部の慢性的な交通渋滞の緩和、交通安全対策を目的として整備し下関北西部地区と中心地への連携が強化される工事です。 
下関市立川中学校職場体験学習は、例年は与えられた事業所の中から選択して行われていましたが、今年から新しい試みとして「自分の生き方を主体的に考える」という趣旨から、生徒たち自らが興味のある職種を考え、直接事業所に申し込むといった自主性を養う職場体験学習となりました。 
2日共、朝8時から元気に朝礼にも参加して、2日目には海沿いの当作業所の隣接道路清掃活動も行いました。 
海を背に真冬の潮風が身にしみる中、みんなで測量体験をしたり生コンを練ってみたり、作業所の方々に素直に教わり一生懸命取組む姿勢は、何とも清々しい光景として映りました。 
終わった後には、「きつかったけど達成感があった」等の感想を寄せて頂き、自分の将来を考える第一歩として、良いきっかけとなったのではないでしょうか。

 

2009/08/26

飛島村小中一貫校建設工事作業所で中学生が職場体験学習

平成21年8月24・25・26日の3日間、当社の飛島村小中一貫校建設工事作業所(愛知県海部郡飛島村)が、飛島村立飛島中学校の職場体験学習の事業所の一つとして選ばれ、飛島中学校1年生2名を受け入れました。 
2人ともはじめは緊張した面持ちでしたが、徐々に緊張も解れ和やかな中で楽しく行われ、2人に「なぜ、当作業所を選んだの?」と尋ねてみると、「(今年しかやってないので)今年だけしか来られないから!」と作業所の皆さんを笑顔にする感激のひと言が返ってきました。 
職場体験前は、CAD体験を一番楽しみにしている2人でしたが、現場に出て建設業の仕事の一端でしたが3日間に凝縮して未知の世界を体験することにより、興味の範囲も広がっていました。 
最後に仮設足場で展望台屋上まで上がって、これから先も味わうことのできない自分たちの生まれ育った飛島村からの絶景風景を写真に収めるとともに、其々の目に焼付けました。

 

2007/11/15

今年も広陵機材センターで中学生が職場体験学習

奈良県広陵町立広陵中学校の職場体験学習としての事業所の一つとして3年連続で当社広陵機材センターで実施されました。
平成19年11月14日・15日の2日間、社会に出る前の小・中・高でキャリア教育を行い、子供を自立した社会人に育てるために行っています。  学校側から生徒に第3希望まで体験希望職種のアンケートを取り、今年は当社は野球部の5名を受け入れました。 ちなみに5名の皆さんの希望では消防署も人気がありましたが、5名中3名が第一希望で村本建設を選んで頂きました。 皆さん素直に黙々と一生懸命作業して頂き、良い職場体験になったのではないでしょうか。