1. 採用トップ
  2. 比べてみよう!3年目と7年目

click

LET’S COMPARE

比べてみよう!3年目と7年目

比べてみよう一問一答

3年目 Question 7年目
施工管理(いずれ所長が目標)
Q.1
肩書は?
施工管理(若手を束ねる存在)
0人
Q.2
部下の数は
3人(最近、部下の数が増えました)
図面チェックの
スピードアップ。まだまだ経験が足りないから、時間がかかっている。
Q.3
今の課題は
施工図を描くことただ描くだけじゃない、美しくわかりやすく描きたい。
お客様も、
つくる人も、
使う人も、
みんなが期待を持って完成を待つもの。
Q.4
建設とは
現場がチーム一丸となって、
大きなものづくりに挑むこと。
人生の大半の時間を占めるもの。生きがい。
楽しい仕事ができれば、楽しい人生になる。
Q.5
仕事とは
成長の糧であると同時に、
妻と子供を守るために
頑張らねばならないもの。
夕礼で、現場で起こった問題をみんなで考え、
答えを出すときにチームワークを感じる。
Q.6
ワンチームを
感じるときは
職人さんを含めて、全員で考え施工している時。
協力的な人が多いことが嬉しい。
なし
一級建築施工管理技士
(取得目標)
Q.7
資格はありますか?
一級建築施工管理技士
(取得済)
一級建築士
(取得目標)
親近感。
誕生日プレゼントをくださる
所長もいるとか。
Q.8
村本らしさって
親しみやすさ。
入社理由もこれ。
お肌の調子が悪い。不安とプレッシャーが
肌荒れになって現れるのかも。
Q.9
プライベート
の悩みは
妻と息子をもっと
サポートできないかな。
500円現場弁当を食べているので、安く済みます。
Q.10
ランチの
MAX金額は
1,000円お小遣いから捻出しているから、できれば安く済ませたい。

0%

0%

0%

0%

目の前の仕事

3年目を迎え、仕事の幅がうんと広がりました。その分、確認することも、考えることも増えています。全てを完璧にやろうとすると、どれだけ時間があっても足りない。そう思えてきました。『どうしたら、完璧な仕事を、効率的に実現できるのか』。パズルを組み替えるように、何度も思考を繰り返しています。

そろそろ結婚

今、彼女がいたら寂しい思いをさせてしまう。そう思うほど仕事に夢中です。一方、そろそろ結婚も考えたい…自己矛盾です。実は時々、結婚への妄想が膨らむことがあります。よく喋る奥さんと2人の子供がいて。鬼嫁と化した奥さんに怒られて。中年になった私に、娘から「パパ、ちょっとくさい」と言われて…そんなほのぼのとした生活に憧れます。

携わりたい建物

いろんな建造物をつくりたい、という夢を持っています。今はまだ3つの現場しか経験していませんので、3つの建物のことしか知りません。人々の生活を支える、病院やショッピングモールをつくってみたい。ランドマークと呼ばれる施設にも携わりたい。生涯にわたって現場に立ち、子供に自慢できるような仕事を残したいです。

新入社員導入研修

2021年に入社する新入社員研修の教育担当を任されました。2020年10月から年次の近い社員11名と一緒に研修プログラムをつくっています。みんなで打ち合わせをしていると『どんな子が自分の後輩になるんだろう』とワクワクしますね。可愛い後輩から、頼もしい先輩と思われるように、頑張ります

BACK

NEXT

 

0%

0%

0%

0%

家族=妻と息子

街中で子連れの家族を目にすると、自分と重ね合わせて見てしまいます。『あの年になったら、あんな服を着るのか』『あのおもちゃはきっと喜ぶだろう』とか…。そして、思うんです。『妻に一人の時間を渡してあげよう。よし、週末は息子と公園で遊ぶぞ』と。息子の成長を追いながら、私自身が父親へと成長している感じです。

一週間分の仕事

明日は何をやるか。それが終わったら次は何をするのか。大体、1週間分のスケジュールを頭に描き、シミュレーションしています。思い描いた通りに進んでいくと、すごく気持ちいい!とはいえ、現実はそうはいきません。現場は生き物ですからね。何が起こっても対応できるようにいろんなケースを想定しています。

家族旅行

趣味は旅行です。家族で楽しめる場所はどこか、考えることが多いです。先日は3人で和歌山に行きました。今、行きたいところですか?カニを食べに行きたいですね、北陸あたりに。まだ子供が小さいので、なかなか遠くにはいけません。土日、電車で行ける範囲。近場で楽しく、美味しいところはないか、チェックしています。

お菓子=ポテチ

お菓子が好きなんです。特にポテチ!コンソメ味を愛しています。たまにサワークリーム味にも浮気します。一人の頃は自由に食べていましたが、今はそうもいかず。晩ご飯前に手を伸ばすと、背中に妻の冷ややかな視線を感じます。もう、空気の読める大人なので、晩ご飯前には食べません。食後にこっそり堪能しています。

BACK

NEXT