SCROLL

  1. 採用トップ
  2. 先輩インタビュー
  3. 事務管理部門|経理部

社員
社員

08 事務管理部門
経理

アットホームって言葉、うちの会社のためにあると思います。

管理統括部|経理部
2018年入社
01

仕事の内容を教えてください。

経理の仕事をしています。請求書など支払い書類を確認、承認したり、日々の入出金を帳簿に入力したりしています。法人税など税務申告に関する資料の作成も行っています。経理と言うと1日中数字とにらめっこしていると思われがちですが、実際はそうではなく。取引先からの入出金の問い合わせや、全国の支店から寄せられる経費処理の質問に応えています。取引先や社員が安心して働けるよう、縁の下で力を振るっているんです。
02

ワンチームを実感するのはどんな時。

わからないことがあって、先輩に相談に行った時のこと。戸惑う私の声が聞こえたのか、いつの間にやら上司が先輩の横に立って、同じように資料を覗き込んでくれていました。『なんて、優しいんだろう』と感じる間もなく、他の先輩が来てくれて…。最後は部長まで輪の中に入って、全員で私の困りごとを解決してくれました。『一人はみんなのために。みんなは一人のために』。この言葉を地で行く会社なんだと思いました。
03

村本建設へ入社を決めた決め手は。

父が設計関連の仕事をしていたので、自然と住宅や建築に興味を持っていました。そんな父の勧めもあって、ゼネコンを受けてみることに。いくつかのゼネコンを受けたうちのひとつが村本でした。入社の決め手は選考過程で出会った人の雰囲気です。物腰が柔らかく、トゲのない感じに好感を持ちました。九州出身の私は、面接で初めて大阪に来たのですが「大阪に来たなら、ここ行ったら?」と観光案内までしてくれたんですよ(笑)。
04

仕事の面白さは?

経理部に配属される前は、生産事務の仕事をしていました。当時は、建築物をつくるお金の流れがすべて見えたので、ものづくりの裏側を覗いているようでワクワクしました。経理部に移ってからは、さらに広い世界を見ている感じ。会社全体のお金の流れが見えるのが面白いですね。『経営者視点ってこういうこと?』と、いうのを実感しています。とはいえ、まだ異動したばかり。数字を見てもわからないことの方が多いんですけどね。

05

大学時代に簿記を学んでいたのですか?

文学部出身なので、簿記の知識はありませんでした。でも、先輩たちが丁寧に教えてくれたので、簿記の知識がなくても始められました。ただ、いつまでも先輩の足を引っ張るわけにはいかないという気持ちが大きくなって…。そのうち、マズイと思うようになり…本格的に簿記の勉強をはじめました。そして、先日、建設業経理士2級資格を受験。結果は合格。やった!必死に勉強したので、当分、簿記の教科書は見たくないですね(笑)。
06

休日は何をしていますか。

1日は出かけて、1日は家で過ごす、と言う感じです。お出かけはショッピングが多いです。やっぱり洋服を買うことが多いかな。今欲しいものですか?新しいコートかな。あと、食べ物も買っちゃいますね。この前インスタで見つけたフルーツ大福は大当たり!柿が丸々入ってました。それを片手に翌日、ドラマを見て、おうち時間を楽しみました。『愛の不時着』、一気見してしまいました。

MESSAGE

学生の方へのメッセージを
お願いします。

文系で今まで建築とは無縁だったのですが、この業界に入ってよかったと思います。建物が出来上がった時、検査のお手伝いに呼ばれることがあるのですが、その時、自分の会社がつくった建物に触れられるんです。直接自分でつくったわけじゃないけど、ちょっと誇らしいんです。あと、村本の仲間はとっても仲がいい。女子社員3人で車を借りて、グランピングに行ったこともあります。楽しい社会人生活、村本でなら叶えられます。

OTHER その他インタビュー

OTHER INTERVIEW

BACK

01

10

NEXT