SCROLL

  1. 採用トップ
  2. クロストーク3選
  3. 人事部からのメッセージ

HR MESSAGE

人事部が明かす、
うれしい面接、残念な面接

学生さんにとって就活が、人生の大きな決断であるように、
企業にとっても採用活動は、会社の未来を左右する大きな決断。
だからといって、お互いに身構えて面接に向きあうと、
学生さんも企業も、理解し合えないまま終わってしまいます。
どうすれば、共にハッピーなれるのか。
村本建設、人事部メンバーが本音を語りあいました。
面接の裏側も大公開。村本建設に興味をお持ちの方も、
面接にお悩みの方も、必見の情報です。

TALK MEMBERTALK MEMBER

メンバー写真

  • 採用担当地域
    関東・東北・九州

  • 採用担当地域
    関東

  • 採用担当地域
    関西・東海・中国

  • 採用担当地域
    関西・東海・中国

01

Theme

こんな面接が理想

「村本建設のこんなところが好きです」「こんなところに共感しました」ということを自分なりの言葉で表現してほしいです。素直な感想には、その人の思考や人柄が出るものです。そういう話を聞くことができれば、よりパーソナルな質問ができるので、その人のことを深く知ることができます。いい面接になるんです。

ものづくりに対する情熱や、村本建設が好き、という思いを感じたいですね。だって私を含め、社員はみんな、村本建設のものづくりに誇りを持っているのですから。自分たちが大切にしているものを、「好きだ」と感じてくれる人と出会えるのは、やっぱり嬉しいんです。「情熱の見分けがつくの?」と言われそうですが、実は、すぐわかるんです。そういう方は質問が多い。いろんなことに興味が広がっているから、次々気になることが出てくるんです。お話が苦手な方でも、目をキラキラさせて一生懸命話してくれます。お互いに胸が熱くなるような面接にしたいですね。

ご自身の5年後、10年後のビジョンのお話しを伺えることが理想です。実際に働き始めると、変わるかもしれませんが、入社前から自身のキャリアについて深く考えているというのは、人生を真剣に見つめている証拠だと思います。人生を真剣に見つめることは、企業を真剣に見つめることにつながります。お互いのことをきっちり理解し合える、有意義な面接になります。

互いに包み隠さず、裏表のない会話をしたいですね。入社した後で、しまった!なんて、思われたくないですから、私たちも包み隠さず話します。だから、みなさんも建前はなしで話して欲しいです。私を見てもらったらお分かりになるかと思いますが、「大きな声」や「笑顔」も案外重要ですよ。ゼネコンは、お客様をはじめ協力会社や職人さんなど様々な職種の方とひとつのチームになって仕事をしていきます。周りの仲間を元気付けられるようなエネルギーを発散することも大切なんです。声や笑顔は、ちょっと意識するだけで、できること。ぜひ、やってみて欲しいです。そうすれば印象はずいぶん良くなるはずです。

THEME02

02

Theme

残念な面接とは

「何か、質問ありませんか」と尋ねられた時、何も返答がない。このような面接は残念な気持ちになりますね。面接する側としては、ここに来てくれているということは、きっと村本建設のことを調べてくれていて、その上で質問を用意してくれていると思っています。なのに質問が出てこないと、「調べてくれたのかな?」と疑問が湧きます。当然ですよね。とはいえ、準備をしていても、本番になると緊張で言葉が出てこないということもあるでしょう。過度な緊張をしてしまう方は、事前に鏡に向かって面接シミュレーションをやっておくことをお勧めします。面接官に、これだけは伝えたいということを鏡の自分に向かって、声に出してみるのがいいでしょう。一度、声にしたものは忘れにくい。残念な面接になることはないはずです。

企業研究を行わず面接に来られる学生さんには、がっかりしますね。皆さんの身近におれるご家族やキャリア担当の先生、そして親しい友人や先輩方もきっと企業研究の適切なアドバイスをしてくれるはず。また、今は各社が採用サイトを持っていて、スマホで少し調べるだけで情報は手に入りますよね。そんな恵まれた環境で面接前に企業研究をしないのは「入社したい」という意思を感じてもらえなくても仕方がないですよね。それに、身近な人たちのアドバイスを聞かないというのは、とても残念な気持ちになります。

そもそも村本建設に興味を持たれていないんだろうなと思われる方がおられます。びっくりするほど、面接官と会話が弾まないんです。それは緊張しているから、というものではありません。そもそも、面接官は、みなさんが緊張されていることを前提に話しています。だから緊張は決して悪いことだとは思っていません。むしろ、適度な緊張感を持って挑んでくださるほうが、「この面接にかける!」という思いを感じます。そう、情熱なんです。村本建設に興味がある!ものづくりがしたい!という「熱い思い」を感じたいんです。

会話のキャッチボールができない学生さんですね。別に、調子よく喋って欲しいわけではなく、答える気がないというか、そもそも覇気がないみたいな。そういうのは困ります。喋るのが苦手でも、いいんです。何か思いのようなものを感じられれば。面接官はプロですから、あなたの本来の姿や長所を引き出そうと、あらゆる角度から質問します。ただ、プロであっても人間です。建設業界や村本建設に対する思い、そして面接に臨む覇気がなければ、皆さんの魅力を引き出すことは難しいです。もっと知りたい!という気概のようなものが欲しいんです。

THEME03

03

Theme

こんな質問をします

「建設業界に興味を持たれたきっかけは何ですか?」という問いかけをよくします。たとえば、建築学科・土木学科を選ばれた理由など。この質問を通じてその方がもたれている建設業界での憧れや、目指す方向などを感じることができます。もしかしたら、その方が目指しているキャリアは村本建設ではない方がいいのかもしれない。その場合は正直にそうアドバイスをしています。入社してからのミスマッチは、学生・村本建設双方にとって、悲しいこと。そういうことがないように正直にお伝えするようにしています。

「休日や友人と遊ぶときなど、どこに行きますか?」という質問をします。なぜかというと、その人のプライベートを垣間見ることができるから。飾らない本来の価値観に触れることができるんですよ。それに趣味やプライベートの話って、話が盛り上がりやすいんです。「わかる、わかる」なんて、お互いに言ってると、少し打ち解けた雰囲気になるんです。心の距離がグッと縮まるから、プライベートな質問をしても、気さくに回答してくれるんですよね。あ、ちょっと戦略を明かしすぎました(笑)。

「困難に直面したときの解決法は?」を聞くようにしています。こういう質問をすると、その方の人となりが感じ取れるんですよね。何よりチームワークを大切にする建設業界は、予期せぬ壁に阻まれることも多いです。そんな時、あなたならどう乗り越えますか?という点を見ています。なので私は、就活生の方はもっとご家族に相談する時間を持ってほしいと考えます。なぜならご家族は長年に亘り、あなたの成長を見守っているわけですから、あなた以上に、あなたの強みと弱みを知っていらっしゃるはずです。そんな素晴らしい時間を持たれることで、あなた自身の自己理解が深まり結果として納得のいく就活にもつながるはず。就活がみなさんにとって、そういうきっかけになればいいですよね。

「就活中、社会や企業について疑問に感じたことはありますか?」を聞きますね。人生の岐路である就活の中で、その方が何を感じ、何を問題点として考えてきたかがわかります。何かに不安を感じているのであれば、それを質問することで解消してもらいたいですね。「イヤイヤな就活」から「楽しむ就活」に変われば、視野がぐんと広がるはず。私たちがそのきっかけになれば、採用担当者としてとても嬉しくなります。また、この質問に答えるためには、就活中に社会に対して疑問や問題意識を常に抱くことが大切です。それを言葉にするという思考を繰り返さなくてはなりません。普段から世の中の空気を敏感に感じ、思考し、行動しているのかを見ています。これら全ては、社会人に求められることの練習と思い「楽しむ就活」を目指してください。

THEME04

04

Theme

会社説明会や面接を迷っている方へ

建設業は確かにキツイ面もありますが、スケールの大きなものづくりができる夢のある業界だと信じています。若い皆さん、一緒に建設業の未来を語りましょう。私は皆さん一人ひとりが、「ダイヤモンドの原石」だと本気で考えています。それぞれに磨けば輝く素質を持っている。村本建設の会社説明会でそのことをぜひお伝えし、皆さんご自身がそれに気付いていただけると嬉しいです。

たくさんの業界がある中で、建設業界に興味を持ってもらえたというだけで、すごく嬉しいです。その建設業界の中のゼネコンで、チームワークのある会社を探したい!と思われる方には、ぜひ、村本建設の会社説明会やインターンシップをお勧めします。村本建設は、大きすぎず、小さすぎない規模感が魅力。ちょうどいい規模感だからこそ、社員同士の絆が深く、アットホームな社風を生んでいます。何より人を大切にする企業です。一歩踏み出して村本建設に足を運んで、実際に働く先輩たちと出会い、人を大切にする雰囲気を感じ取ってください。言葉では説明のできない温もりをわかっていただけると思います。

人事の本音や面接の裏話なんかをお話ししましたので、ちょっと、尻込みされているかもしれませんね。そんな中、こう言っちゃなんですが…。とにかく、村本建設の会社説明会に来てください。建設業界のことも、村本建設のことも、いい話だけじゃなく、大変なところも包み隠さずお話しします。あなたの人生が就活のタイミングでずれないように、誠意を持って向き合います。だから、あなたも、ぜひ胸の内を私たちにぶっちゃけてください。お話しが苦手という方には、長所を引き出すためにあらゆる角度から質問します。勇気を持って語っていただければと思います。就活は今後の人生を大きく左右する大切な岐路です。悔いの残らない就活ができるよう、私たちが精一杯フォローさせていただきます!

志望する業界は「建設業界」に絞っているけれど、どの職種が自分に向いているかわからないという方は、一つの企業に多くの職種が存在するゼネコンを選択肢に加えてください。そして、村本建設に少しでも興味を持っていただけた方は、ぜひ当社のインターンシップにご参加ください。皆さん、工事現場はどこも同じだと思っていませんか?実は、それぞれの工事現場は同じではなく、企業ごとに社風が表れ特徴があります。インターンシップは、村本建設の現場・社員の人となりを皆さんの肌で感じ取っていただけるまたとない機会です。また、会社説明会や面接では、私たち人事部が精一杯の情熱を持って当社の魅力をお伝えします。お会いできることを心より楽しみにしています。

メンバー写真