SCROLL

  1. 採用トップ
  2. クロストーク3選
  3. 入社1年目の本音

REAL VOICE

入社1年目の同期だからこそ
言える本音

2020年4月に入社したばかりの新入社員4名
はじめての就活、はじめての社会人生活について話してもらいました。
就活生の気持ちに一番近い先輩たちは、
何を思い、どんな就活を送ったのか。
NGワードなしの座談会。
会社としてはちょっとハラハラするのですが、
みなさんのお役に立てればと思い、企画を実施しました。
それぞれのキャラクターも全開。ぜひ、最後までご覧ください。

TALK MEMBERTALK MEMBER

メンバー写真

  • ニックネーム|ミクノ

    趣味・特技|旅行

  • ニックネーム|ナミ

    趣味・特技|テニス

  • ニックネーム|シオノ

    趣味・特技|ダンス

  • ニックネーム|リョウ

    趣味・特技|陸上(400m)

01

Theme

村本建設を選んだ理由、本音トーク

リョウ

小さい頃から建設に興味があったので、大学で建築を学びました。就活では設計職を志望。結構頑張って就活していたので、ゼネコンだけで20社くらい行きました。当時、村本建設の名前は…知りませんでした(笑)。村本建設を選んだのは、設計も施工も、両方学ぶことができると聞いたから。他のゼネコンでは、設計は設計に専念、と聞いたことがあったので、村本の働き方が自分に合っている気がしたんです。

ミクノ

父は建設業界で働いています。小さい頃、よく現場に連れて行ってもらいました。その記憶が頭の片隅にあったので、建設業界を覗いてみることに。10社ぐらい説明会に行きました。村本建設に決めたのは、面接でどこよりも時間を割いてくれたから。1時間半くらい話し込みましたね。私のことを知ろうとしてくれているのが嬉しくて。私もいろんな話が聞けたので、入社後のギャップが少ないだろうと感じられたんです。

ナミ

建設業界に興味がありました。いろんな職種を検討しましたが、ものづくりの全てに関わる施工管理がいいなと思い、職種を絞りました。村本建設を選んだのは、大きすぎない会社だったから。若いうちからやりがいのある仕事を任される環境だったんです。また、内定者研修や新人研修のほか、キャリアごとの研修がしっかり用意されていることも、安心材料になりました。いい施工管理者になれると確信できたんです。

シオノ

実はインテリアなどデザイン系の会社を志望していました。が、良い結果に恵まれず…。先生に相談したら「村本建設いいよ」と勧めてもらえました。早速、説明会をチェック。なんと、明日。ダメ元で電話したら「来てください」と言われ…。翌日、会場につくと他に学生がいない。『私のために開催してくれたの』と驚きました。わざわざ現場から大学の先輩まで来てくれて…。人の温もりと、運命的な何かを感じて、入社を決めました。

THEME02

02

Theme

説明会・選考、本音トーク

ナミ

学生は説明会で初めて社会人と向き合いますので、ちょっとしたことでも、ドキドキするんですよね。真剣に説明してくださっていたとしても、それを逆に『怖い』と感じてしまったりして。まだ社会を知らないので、当然といえば当然なんです…。ただ、村本建設の説明会では、社会人に直面する怖さみたいなものを感じることが一切なかったんです。人事の方々の優しい雰囲気が伝わってきて、終始、和気あいあいと進んでいくんです。

リョウ

東京で就活をしていました。結構大手の説明会にも行きましたので、いろんな会社の説明会を見たと思います。村本建設の説明会は少し特殊。人事の方が一方的に説明するのではなく、お互いに会話をするように進めていくのです。だから、とってもわかりやすいし、自分の思いを伝えやすい。説明会の終盤には「将来、私はこんなことがしたいです」と、面接のような内容まで話していました。ぜひ、体験して欲しいです。

ミクノ

正直に言っちゃっていいですか?村本建設の説明会は眠くならないんです。(他の説明会では、たまに眠くなることがあって。ごめんなさい…)文系の私には、建築の専門用語ってわからないじゃないですか。そんな私でも、建設の世界や仕事内容がわかるように、噛み砕いて説明してくれたんです。「すごい!」と、ずっと興味を継続することができました。何より、学生に伝わるようにと、気を遣ってくれているのが嬉しかったです。

シオノ

私のために開催してくれた説明会。実は、その続きがあります。説明会の当日、奈良と大阪の2件の現場に連れて行ってもらいました。『一人のために、ここまでしてくれるの!』と、感激しました。その後、選考もトントンと進んで…。『インテリア系の業界であんなに苦戦したのに。これは、ここに入社しろと言う流れなんだろうか…』と、妙なことを思ってしまいました(笑)。私、村本建設とフィーリングがあっているんだと思います。

THEME03

03

Theme

内定から入社まで、本音トーク

ミクノ

5月、8月、10月に懇親会がありました。5月は海の見えるところでBBQをしました。あ、思い出した、舞洲です。20名くらいが参加しました。ひとテーブル5名で座り、その中に先輩社員の方が2名ずつ入っている感じ。比較的若手の方々が来てくれました。年が近いのでとっても話しやすかったです。なかなか面接では聞けないような、残業や待遇面などの話を伺いました。入社後のイメージが鮮明になりましたね。

シオノ

8月は研修をやったかな。特に建設とは関係のない内容でしたね(笑)。社会人の心得的なものをゲーム感覚で、やんわり学びました。研修後は焼肉店へ。その時も若手の先輩方が各テーブルに座ってました。人事の方や役職の高い方は、隅の方に座られてましたね。きっと、話しやすい雰囲気をつくるために、そうされたんだと思います。帰る頃には、みんなとすっかり打ち解けて。内定者同士のLINEグループが出来上がっていました。

ナミ

入社後すぐに研修が始まりました。研修期間は2週間。社会人のマナーから、建設の基礎に至るまで教えてくれました。先輩社員の講義もあれば、社外から講師を招いて行われるものもありました。新入社員全員が同じホテルに宿泊してね。研修が目的なんですけど、ここでも絆が深まったと感じます。ところが、1週間をすぎた頃、緊急事態宣言が…。もう、研修はなくなってしまうのか…。これからどうなるんだ?とみんなざわついてました。

リョウ

いや、驚きましたね。研修中止になると思っていました。ところが、会社側が素早くオンライン研修を用意してくれたんです。各自、ホテルの自室からZoomを用いた研修を受けました。みんな背景が同じホテルの壁っていうのが、ちょっと不思議な感じでした。Zoomで研修を受けたのは、はじめてだったので、正直、戸惑いもありました。でも、できる形で新人教育を継続してくれたことが、とっても嬉しかったです。

THEME04

04

Theme

現場配属から未来まで、本音トーク

シオノ

各現場にOJT担当の先輩がいて、その人について仕事を学びます。新入社員全員に必ずついてくれるので、安心して仕事ができます。OJT担当は比較的年齢の近い方が多いように思います。話しやすいので、気になることはなんでも相談できるんです。将来ですか?うーん、結婚しても、村本建設で仕事がしたいですね。村本建設には結婚後も働く女性社員がたくさんいます。そんな風になれたらいいなと思っています。

ナミ

僕のOJT担当は入社2年目の先輩です。何を聞いても丁寧に教えてくれます。2年目で人に教えられるの?と疑問を持たれるかもしれませんね。それが、驚くほどの知識を持たれています。もし来年自分がOJT担当になったら、こんなに人に教えられるだろうかと思ってしまいます。先輩の背中を見ていると、自分も多くの知識を持った技術者になりたいと思います。会社からも職人さんからも『現場の長』と言われる人になりたいですね。

ミクノ

私もOJTの先輩みたいになりたいです。入社3年目の方なんですが、本当に知識豊富で何を聞いても丁寧に教えてくれます。私も「困ったことがあれば、ミクノに聞けばいいよ」と仲間から言われる、頼もしい存在になりたいですね。そのために、まずクリアしたいのが、建設業経理士2級という資格の取得。一般の簿記に建設業特有の科目処理を加えたようなもの。なるべく早く取得して、みんなから一人前と呼ばれるようになりたいです。

リョウ

うわっ、締めか…。みんなに全部言われた気がします…。では少し切り口を変えて。OJTの先輩はいい距離感を保って仕事を教えてくれます。なんでも手取り足取り教えるのではなく、いい具合に干渉してこないんです。だから、一度、自分で考えてから、仕事をすることができるんです。この機会をうまく使って、いろんなことに挑戦し、頼られる技術者になりたいですね。そして、一級建築士の資格を、取得したいと思います。

メンバー写真