技術情報TECHNOLOGY INFORMATION

ホーム > 技術情報 > 調査・診断 > 建物の診断

建物の診断 調査・診断
INQUEST / DIAGNOSTICATION

1.赤外線サーモグラフィ法による外壁診断

赤外線サーモグラフィ法は、タイルやモルタル部の浮き・剥離の状態を外壁表面の熱変化によって検出する画像診断法です。特殊建築物等定期調査業務基準(2008年改定版)では、調査方法として赤外線調査が挙げられています。( 使用機器 :赤外線サーモグラフィSC620)

SC620の性能表

熱画像 解像度 640×480ピクセル 建物の診断
温度分解能 0.065℃
視野角 24°× 18°
最低焦点距離 0.3m
可視画像 デジタルビデオカメラ 3.2Mピクセル