技術情報TECHNOLOGY INFORMATION

ホーム > 技術情報 > 環境への取り組み > 土壌汚染対策

土壌汚染対策環境への取り組み
FOR ENVIRONMENT

土壌汚染対策法の施行や不動産取引に契機として、揮発性有機化合物、重金属等、農薬等の有害物質に汚染された土壌、地下水は浄化対策が現実的な問題となっております。今後は会計基準改正に伴う環境債務除去の導入により、更に土壌汚染調査の、汚染状況の把握や対策費用の算定が増えつつあります。村本建設では、この土壌・地下水汚染に対して、調査~浄化対策工事、モニタリングまでをオールインワンで対応致します。

1.調査から対策までの流れ

土壌汚染調査から対策までの概要は次の通りです。村本建設はどの段階からでもご相談に応じます。(調査のみでもお引受します)

2.村本建設の保有技術

対策技術の選定は、有害物質の種類や汚染状況によって異なります。調査結果を踏まえて効果的な浄化対策計画を立案することが重要です。汚染状況によっては、複数の対策技術を組合せることも有効です。村本建設では、低コスト・低負荷の対策技術を保有しておりますので、顧客のご要望に応じた最適な提案が可能です。

(1)マルチ水平ウェル工法

VOC(揮発性有機化合物)で汚染された土 壌・地下水の原位置における修復が可能です。 「マルチ水平ウェル工法(水平井戸を用いた浄 化技術)」や触媒酸化を用いた処理装置により、 工場跡地・操業中の工場におけるVOCの無害 化を行います。
>>詳しく見る

(2)VOC汚染地下水揚水曝気装置-VSAP- 

VSAPは、VOC汚染水を無害化処理できる浄化装置です。
VOCの揮発性を利用して効率良く気液接触を行います。
特長としては、気液混合に特殊気散ノズルを用いたことで、浄化効率の向上、及び装置の小型化が可能です。
※揚水量が非常に少量の場合は、超コンパクトタイプのVSAPminiもございます。
豊洲新市場予定地の土壌汚染対策技術で「S」評価に選定
>>詳しく見る

(3)重金属等・油汚染土壌の洗浄浄化

土砂が砂や砂礫の場合、六価クロム、鉛・砒 素等の地下水への溶解度の低い重金属類は洗浄 による浄化が効率的です。原位置浄化で、洗浄した土砂はそのまま埋戻し、洗浄水は凝集沈殿 ・繊維ろ過により重金属を取り除き、きれいな 水にして放流します。村本建設では、コンパクトタイプのオンサイト用土壌洗浄浄化処理技術を保有し、少量でも低コストに処理できます。
>>詳しく見る

(4)ダイオキシン類・重金属等の汚染水浄化  -アクリアXN-HV-

高速多層繊維ろ過方式を用いた全く新しいダ イオキシン類汚染水の浄化装置です。低コスト、 驚異的な浄化能力、コンパクトで可搬式等の特長を備えています。また、処理能力は各機器の構成を組み替えることで重金属処理も可能です。処理装置は現場条件に応じて処理量2~60m3/hまで幅広く対応できます。
>>詳しく見る

3.備考

村本建設㈱は、環境省より土壌汚染対策法に基づく指定調査機関として指定されています。
指定番号 2003-5-1041 

4.お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

営業時間 月~金 8:30~17:30(祝日・休業日を除く)
建設環境事業部
06-6772-8112

メールでのお問い合わせ